みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

      2015/07/26

1くつ02

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。
大人が履く人気メーカーさんの子供版だったり、人気キャラクターの靴、おしゃれな靴など大人顔負けの数の多さ。沢山ある種類の中からどのようにして選んでいますか?

履いた時、かわいいのがいい。
子供が好きなキャラクターがいい。
安く買えるお店も増えているので、まとめて何足か買っておこうかしら、ということもあるかもしれませんね。

かわいいのを履かせてあげたい。子供が好きなキャラクターを履かせてあげたい。すぐに足が大きくなってしまうから安めのでいいわ。など買うママも目移りしたり、悩んだり・・・大変ですよね。
そこで子供の靴選びについてお話したいと思います。

子供の靴は足の成長に大きく関係する

最近扁平足・外反母趾など大人のことと思っていた症状が子供達の中に増え、深刻になっているそうです。原因は土の上での素足で歩く経験のなさ、合わない靴を使用し本来の足の成長を妨げているなどが考えられています。足は『体を支える』『歩くための必需品』『心臓から1番遠い足は重力に逆らって血液を送り返さなければいけない。そこで足の血液循環が悪いと健康を害してしまう』など考えてみると大切にしなければ・・・と思います。

子供達にとってはまだまだ長くつきあっていく足だからこそ、大人が考えていかなければなりませんよね。そこで各靴のメーカーさんも子供達のことを考え、いろいろ研究しています。

まず、大人とは違う子供の足の形を考え、子供独特の立体形状を重視しています。大人にも当てはまるかもしれませんが『足指が動きに合わせ、靴の中でしっかり動き・使える形状作り』『良い姿勢が保て、歩き方をサポートする形状』赤ちゃんの場合でしたら『軟骨が多い赤ちゃんの足をしっかりサポートし、1歩1歩着実に歩けるような形状』など研究を生かした商品が販売されています。

どのメーカーさんも様々に工夫をこらし、販売していますが共通して言える購入時のポイントは『足のサイズ(cm)が合っていますか?』『お子さんの足の幅は細いですか?太いですか?』『足にフィットしていますか?』だそうです。ぜひ購入時の参考にしてください。
かわいい靴、おしゃれな靴と思っていらっしゃるママさん、それもTPOに合わせて有りですよね。TPOに合わせてですよ。例えばハイカットの靴は足首が安定します。でも足首の前後左右の動きに必要以上の力がとても必要になり、動きにくく、自然な足首の動きがとりにくくなります。

子供が動きに合わせて足を動かしたいのにその動きを阻む靴では転んでもしかたがないですよね。

遊んでいる時につい「あ~、また転んで・・・。」と言うママもいらっしゃるかもしれませんが、もしかしたら履いている靴が今のお子さんの足に合っていないかもしれませんよ。

おしゃれでかわいい靴はお出かけの時にはいいですが、めいいっぱい体を使って遊ばせたい公園遊びには適しません。アスレチック遊具のある公園では足が自由に動かせず、遊具に足がはさまり、身動きが取れなくなってしまうこともあります。

どうぞTPOに合わせた靴を上手に生かして生涯子供達の相棒になる足を今からサポートしてあげてください。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多く …

「歯は命」 子供の大切な歯を虫歯から守る方法!!

初めての小児歯科には苦い思い出があります。歯が生えそろった頃から気をつけて歯磨き …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

どこでも騒ぐマナー違反な子供になる原因は親の叱り方だった。ファミレスで騒ぐ子供にしない為のしつけとは?

小さい子供を連れてのお出かけは、いろいろな事に気を配らなくてはけないので大変です …

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

なかなかやめられない…母乳はいつまであげてもいいの?

だいたいのお母さんが、1歳半健診の時点で母乳を与えていると、保健師さんから「そろ …