みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

   

illust32702歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるようになりますよね。ですが、同時に「イヤイヤ期」と呼ばれるような癇癪を起こしやすくなるのもこの時期です。自分の気持ちを上手に表現できるように語彙力を高めてあげましょう。

言葉の意味や響きを教えてあげましょう「絵本の読み聞かせ」

言葉を覚え始めると、物の名前や動きなどの動作、身の回りにあるさまざまな事への興味や感心が芽生えてきます。パパやママが話をしている内容も理解出来るようになるので、この時期に「絵本の読み聞かせ」をしてあげることはとても重要です。

お話の面白さを感じたり、絵本の中の状況を自分なりに考えて『おにぎり落としちゃったクマさん、お腹すいてないかな?』などと、登場してくる人や動物に感情移入することで、さらに「言葉」の持つ意味を体感することが出来るのです。そのことが、「語彙力」を高めることへとつながっていくのです。

さまざまな好奇心を満たして集中力も高めましょう「お砂場あそび」

子供はお外遊びが大好きです。空、風、草花…。こうした全てのことが、小さな子供にとっては刺激となり、「脳」を活性化させます。その中でも1〜2歳と小さなお子さんにおすすめなのは、「お砂場あそび」です。

「砂」の感触を手で触って感じたり、それを丸めてお団子にしたり、大きなお山を作ってみたり…。小さな子供にとって「砂」は、自分の思い描いたものを「形」にすることができるので、創造力を養うのにとても良い教材と言えます。

一度お砂場あそびが始まると、なかなか終わらなくて『まだやるの!』なんてわがままされた事はありませんか?それは何故かというと、思い描いたイメージを形にしようとして頭の中はフル回転しています。まさに「集中力」を高めている状態なのです。ですから、お砂場遊びが盛り上がっている時には、なるべく自由に遊ばせてあげることも大切なのです。

自分のイメージしたものを表現する力を伸ばしましょう「ねんど遊び」

お外のお砂場遊びでは、ダイナミックに表現して楽しむことができますが、「ねんど遊び」では、手指を繊細に使うことや、イメージしたものをより具体的に表現することが出来ます。

例えば「どうぶつ」を表現しようとする時、それまでに知っている知識を脳の中から探し出し、その頭の中にあるイメージを手指に伝えます。そして自分の見た事のある「どうぶつ」が出来上がっていきますよね。これは「脳」が活発に働いていないと出来る事ではありません。また、こねたり、まるめたり、伸ばしたりして「変幻自在なねんどの様子」を見て楽しむことも、さらなる「アイデア」を育むきっかけにもなるのです。

いかがでしたか?「絵本」「お砂場」「ねんど」。どれも小さい頃から親しみのある遊びですが、どれも「脳」を刺激してさまざまな分野が発達していくことがお分かりいただけたと思います。言葉と心の成長が豊かになるように、思いっきり遊べる環境を整えてあげたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多く …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

フィンランドの教育
フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか? 先進国の中では …

「しっかりご近所つきあい」でなにかと騒がしい子育て中も快適ライフ!

みなさん、ご近所つきあいはしていますか?このご時世ですから住んでいる環境によって …

子育てで溜まるストレスを撃退しよう!お手軽簡単解消法

一生懸命に子育てをしていると、思い通りにならない事の方が多いので、パパママはスト …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …