みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

   

illust32702歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるようになりますよね。ですが、同時に「イヤイヤ期」と呼ばれるような癇癪を起こしやすくなるのもこの時期です。自分の気持ちを上手に表現できるように語彙力を高めてあげましょう。

言葉の意味や響きを教えてあげましょう「絵本の読み聞かせ」

言葉を覚え始めると、物の名前や動きなどの動作、身の回りにあるさまざまな事への興味や感心が芽生えてきます。パパやママが話をしている内容も理解出来るようになるので、この時期に「絵本の読み聞かせ」をしてあげることはとても重要です。

お話の面白さを感じたり、絵本の中の状況を自分なりに考えて『おにぎり落としちゃったクマさん、お腹すいてないかな?』などと、登場してくる人や動物に感情移入することで、さらに「言葉」の持つ意味を体感することが出来るのです。そのことが、「語彙力」を高めることへとつながっていくのです。

さまざまな好奇心を満たして集中力も高めましょう「お砂場あそび」

子供はお外遊びが大好きです。空、風、草花…。こうした全てのことが、小さな子供にとっては刺激となり、「脳」を活性化させます。その中でも1〜2歳と小さなお子さんにおすすめなのは、「お砂場あそび」です。

「砂」の感触を手で触って感じたり、それを丸めてお団子にしたり、大きなお山を作ってみたり…。小さな子供にとって「砂」は、自分の思い描いたものを「形」にすることができるので、創造力を養うのにとても良い教材と言えます。

一度お砂場あそびが始まると、なかなか終わらなくて『まだやるの!』なんてわがままされた事はありませんか?それは何故かというと、思い描いたイメージを形にしようとして頭の中はフル回転しています。まさに「集中力」を高めている状態なのです。ですから、お砂場遊びが盛り上がっている時には、なるべく自由に遊ばせてあげることも大切なのです。

自分のイメージしたものを表現する力を伸ばしましょう「ねんど遊び」

お外のお砂場遊びでは、ダイナミックに表現して楽しむことができますが、「ねんど遊び」では、手指を繊細に使うことや、イメージしたものをより具体的に表現することが出来ます。

例えば「どうぶつ」を表現しようとする時、それまでに知っている知識を脳の中から探し出し、その頭の中にあるイメージを手指に伝えます。そして自分の見た事のある「どうぶつ」が出来上がっていきますよね。これは「脳」が活発に働いていないと出来る事ではありません。また、こねたり、まるめたり、伸ばしたりして「変幻自在なねんどの様子」を見て楽しむことも、さらなる「アイデア」を育むきっかけにもなるのです。

いかがでしたか?「絵本」「お砂場」「ねんど」。どれも小さい頃から親しみのある遊びですが、どれも「脳」を刺激してさまざまな分野が発達していくことがお分かりいただけたと思います。言葉と心の成長が豊かになるように、思いっきり遊べる環境を整えてあげたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の為にしていたことが実はNG行動だった…ダメな子にしてしまう親の行動とは?

「いつも仲良しな親子ね」と周りからも言われて、子供は自分の言う事を何でも聞くし、 …

子育てに余裕
子供にダメ出しは逆効果!子供の将来を考えるなら気持ちに余裕を持ちましょう

子供は親の思うように育たないとは言いますが、まさにその通り。 子供の事を心配する …

「また来てね!」と思われるかな?友達の家に遊びに行ったときのベストな行動とは?

夏休みのように家にいる時間が増えると、お友達の家に遊びに行ったり来たりする機会も …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

子供の爪噛み
子供の爪を噛む癖を止めさせたい!爪噛み習慣の原因と辞めさせる方法

たまに大人の人にも見かけますが「爪を噛む」というこの行為、あまり気持ちのいいもの …

秋こそお出かけ!子どもと動物園に行くメリットとは?

暑い夏が終わって秋になると、なんだかホッとしますよね。 夏の間は熱中症などが気に …

知らないうちに「子供の言いなり」になっていませんか?子供の上手な叱り方、なだめ方を知りましょう

お子さんが年齢を重ねてくると「うるせー!」など、口答えされて、大きくショックを受 …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

離乳食に豆腐を活用!赤ちゃんにおすすめの豆腐簡単レシピのご紹介

子供の体の形成に必要なタンパク質。中でも豆腐は高タンパクであり、脂が少ないという …